• ホーム
  • ブログ
  • 全社員が対象のSymphonyの社内マーケティング研修とは?

全社員が対象のSymphonyの社内マーケティング研修とは?

シンフォニーで働く人々

マーケティングの基礎知識は、どんな職種でも必ず役に立ちます。今回は、社内のマーケティング研修をご紹介します。

どんな研修があるのか?

入社後、最初に受けるのが、エレメントリー研修です。
エレメントリー研修は、会社の経営理念や歴史、そして自社を正しく紹介することを学んでいきます。

エレメントリーの後は、いよいよ本格的なマーケティング研修に突入です。
新卒入社も含めて、90%以上のメンバーがBtoBマーケティングは未経験で入社します。そのため、マーケティングの基礎知識となる、ブロンズ研修は、サービス提供に必要なマーケティング用語の理解とBtoBマーケティングの基礎理解の習得を目的としています。ちなみに最近、研修の内容は大幅リニューアルされました。

研修用のテキストや動画による解説を学習コンテンツとし、大切なポイントやわかりにくい箇所は、先輩社員や他部門の合格者が個別に研修を実施します。バックオフィスも含めて、全社員が対象となる基礎研修です。

ブロンズ研修は、入社後3か月〜1年以内に、自分に自信がついたタイミングで確認テストを受験し、基準となる合格点の獲得を目指します。

ブロンズ研修の中身を少しだけご紹介

では、研修の内容を少しご紹介します。最初に学ぶのは、基本中の基本、BtoBとBtoCにおけるマーケティングの違いです。マーケティングの定義は、使う人によって変わります。自社の定義を正しく理解することが、重要なポイントです。

それから、BtoB企業が取り組むべき3つのマーケティングを学び、ウォームアップが終わったら、いよいよ本格的なフレームワークに入ります。F・コトラーが提唱した、STP戦略からスタートし、マーケティングミックス(4P)、マーケティングラインを学んでいきます。

マーケティングフレームワーク(STP他)

その後、マーケティングが企業のどこに貢献するのかという視点から、売上の方程式を学び、数字でマーケティングを設計するメソッドを学びます。

このマーケティング研修は、「暗記」ではなく「応用」を目的としているため、座学で学んだ理論・フレームワークを日々の実務で活用しながら経験し、スキルアップを目指します。

しっかり学んだら自分のタイミングで確認テストを受験

自分のタイミングで、確認テストを受験します。基準となる合格点の獲得ができるまで何度でも受験可能です。確認テストはだいたい毎月実施されて、どのタイミングで受けても構いません。

ちなみに、リニューアルされたブロンズテストで満点をとったのは、社内でたった一人。すごいですね。平均受験回数2回で全員合格できますが、合格後も確認のためにテストを受けるメンバーもいます。
中には「満点がとれなくて悔しい」と、合格しているのにチャレンジするツワモノプランナーもいます。

プランナーが企画する社内勉強会も定期開催中

ブロンズ研修以外にも、プランナー主催の社内勉強会を定期的に開催しています。プランナーだけでなく、希望者は誰でも参加できます。最近の勉強会テーマをご紹介。

  • 11/18開催『STP』
  • 12/16開催『デマンドウォーターフォール』
  • 1/28開催『ロジカルシンキング』
  • 3/11開催『ホールプロダクトとSTP』

プランナーが実務の中で、足りないと思う知識を習得するために、テーマを決めて開催しています。イメージとしては、中級編です。

シンフォニーマーケティングでは、スキルアップをしながら一緒に切磋琢磨できるメンバーを募集しています。ぜひ採用サイトを覗いてみてください。

試験の様子